20インチに加えgramLIGHTSでは初めてとなる22インチをラインナップしたハイブリッドマシニング採用の2x10メッシュモデルが57CNA。2x10のメッシュデザインとすることでLクラスのSUV、ミニバン等のボディに合わせた時でも足元のボリューム不足を感じさせないデザインとしています。ハイブリッドマシニングもこの57CNAに合わせて形状、角度を最適化し、立体感を演出しています。

詳しいスペックはこちら

ギャラリーはこちら


57ANAから採用のダイヤモンドカットとマシニングを連続させた「ハイブリッドマシニング」を使用した、2x7メッシュデザイン「57BNA」。ハイブリッドマシニングはこの57BNAに合わせて形状、角度の調整を繰り返し最適な形状としています。センター部をサークル形状とすることで57ANAのデザインでは成しえなかった、コンパクトからミドルクラスの4ホール車にも対応するモデルもラインナップ。さらに、19インチにはハイブリッドマシニングをより際立たせるFACE-2も用意しています。


アズールシリーズの最新作“57ANA”のデザインコンセプトは、次世代の立体感をナローサイズにおいても表現すること。
正面から見るとリムオーバータイプの2×5スポークですが、少し見る角度を変えた瞬間、表情が一変します。それは新採用(業界初)のマシニングとダイヤモンドカットの高次元融合、2次元面と3次元面にデザインとして連続する切削処理によるもの。これによりセンターパートは見る角度ごとに表情を変えます。それだけではなく、あえてコンケイブを抑えスポークの縦断面を重視したデザインもそれをさらに強調させ、立体感を生み出しています。センターキャップも各カラーに合わせた新作です。


業界初のハイブリッドマシニングを採用し、人気を博している5ホールモデルの57ANAを4WD向けに6ホール化。デザインは6ホール化に合わせて2X5デザインから2X6デザインに変更。ハイブリッドマシニング等の要素は踏襲しながらスポークの幅、縦の奥行等の各部を4WD向けにバランスを最適化しています。さらにこの57ANA-Xは基本機能にもこだわり、リムをスピニングによって延伸することで、細部組織緻密に形成させ、より軽くより強いリムを実現するRCF工法を採用しています。


UV・ミニバン等をメインターゲットにスマートに履きこなせる「ちょうどいいスポーティーさ」を追求したモデルをラインナップするAZUREシリーズにハイエース対応モデルが登場。6ホールにバランスがよく応力分散に優れる2x6スポークデザインのスポークトップはフランジまでダイヤカットを施し伸びやかに。ウェル部への装飾もピアスボルトではなくドリルドマシニングとし、グラム単位での軽量化を施す等、この57HMAにもグラムライツのコンセプトが継承されています。実用性を犠牲にしない16インチでAZUREらしくサラリと履きこなせる、まさに「ちょうどいい」ハイエース対応モデル57HMAの登場です。


2x5スポークの間に5本のサブスポークを配置した、応力分散に優れるフィンタイプデザイン。
スポークの配置に高低差を設けることで、ハイインセットながら立体感のある表情を実現しました。
コンパクトカーも考慮した17インチからの設定ですが、ナットホールに施した切り込みがサイズを超えた足長感を引き出します。


M〜LクラスのSUV&ミニバンをターゲットとしたアズールシリーズの第一弾。2×5のナローなスポークと、タイヤとの一体感を強調するラウンドしたリムフランジの組み合わせが、スポーツホイールらしい軽快感と大きなボディマスにふさわしい存在感を演出。
スマートに履きこなせる18&19インチをラインナップしています。


アズールシリーズの第三弾は、究極の“遊びグルマ”ジムニー専用の57JMA。
シリーズ共通の頑強なラウンドリムは、タフな使用状況であっても決して音をあげることはありません。
天面にダイヤカットを施したスポークは都会的な雰囲気ですが、深い縦断面で高い剛性値を確保。
ON/OFFを問わず、あらゆるシーンに対応するパフォーマンスを秘めています。